【写真講座】Lesson2 カメラの構え方

ぺさん。カメラ買ったんですけど、なかなか上手に撮れません。
撮り方教えてください。

いいよー。じゃあまずはカメラの構え方から覚えていきましょう。

カメラの構え方

カメラをしっかり構えられないと、シャッターを押す際に手振れしたり構図が曲がってしまったりしてあまり上手に撮れません。逆にカメラをしっかり構えられるようになるとグッと写真が上手になります。正しいフォームで撮っていきましょう。

カメラを構える時のチェックポイント

チェックポイント1. 力まずシャッターを切る

力んでシャッターを押してしまうと、カメラまで動いてしまい、ブレた写真になってしまいます。優しくかつ慎重にシャッターを押すように心がけましょう。

チェックポイント2. 頭も固定しましょう

頭が動くと体全体が動いてしまいます。頭をしっかり固定してまっすぐファインダーをのぞくように心がけましょう。

チェックポイント3. 両脇をしめましょう

両脇をしっかりとしめると、自然とカメラがしっかりホールドされ、手振れを防ぐことができます。

チェックポイント4. 左手はレンズに添えましょう

左手はどこかのバスケット漫画のようにそっと添えるだけではなく、しっかりレンズを支えるようにしましょう。左手で支えることで右手で柔らかくシャッターを押せます。

チェックポイント5. 足は肩幅程度開きましょう

足は肩幅程度開くと体が安定します。しっかりと地につけるのを意識しましょう。

チェックポイント6. 息は止めない

息は止めずリラックスした状態でシャッターを押すようにしましょう。息を止めると緊張してシャッターを押す指が固くなってしまうようです。

上級テクニック

カメラを固定することが大事ですので、壁や柱に体をもたれかけたりベンチに肘をついたり、動かないものに体を預けて撮る方法もおすすめです。周りに使えそうなものがあればどんどん活用してカメラを固定することを意識しましょう。

以上、peさんのようにかっこよく持って良い写真を撮りましょう。、、、、はいすいません

ぺさん本当、顔隠せばそこそこイケメンに見えますよね。

ぴえん。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA